ペニス 大きさ 遺伝

MENU

ペニスの大きさは遺伝で決まる?自力で大きくできるのか

遺伝

 

身長以外にも、鼻の高さ、指の形など、体の細部の特徴が、父母、または祖父母に似ているということはよくあります。

 

ペニスの大きさに関しても、遺伝によって大きさが決まることは十分に考えられます。

 

「オレのペニスが小さいのはオヤジかじいちゃんのせいなのか〜っ!」
と悔しく思う方も多いでしょう。
顔の造りの良し悪しだけでなく、ペニスの大きさまで親からの遺伝で決まってしまうというのはなんとなく不公平な気がしますね。
「じゃあオレは一生短小のままなのか・・・」
「男としてのスペックは努力次第であがることはないのだろうか・・・」
と思った貴方に朗報です。

 

顔の造作は整形手術じゃなければ変わりませんが、ペニスの大きさは環境や努力次第で変わります。

 

「本当にペニスの環境次第で変わるのか?」
ここですごく分かりやすい例をあげてみたいと思います。
最近の子供は、昔に比べて足が長くなっていると言われますよね。
昔の日本人と言えば、胴長短足だったのが、今は身長に比べてスラっと長い手足を持った沢山の若者が街を歩いています。
江戸時代の日本人の平均身長は143センチでしたが、現在は158センチと15センチも伸びています。
身長だけでなく、昔の日本人の写真と今の日本人の写真を比べると、背は高く、頭も小さく、手足は長くと、だんだんと西洋人の体型に近づいてきているのが分かると思います。
残念ながら、ペニスの大きさについて、江戸時代と現在を比較したデータや写真がありませんが、ペニスも大きくなっているのは簡単に想像できると思います。

 

この若者の体型の変化には、生活習慣だけでなく、食生活が豊かになり、栄養状態が良くなったことも大きな要因として考えられています。

 

「ペニスの大きさに影響を与える要因とは?」
ペニスの大きさについては男性ホルモンや成長ホルモンの大きさが深く関係しているのですが、それらの分泌量は食生活や生活習慣などで大きく変わります。

 

具体的に言えば、肉を沢山食べるようになったことにより、たんぱく質の摂取量が増え、そのことによりホルモンの分泌が良くなる、などが考えられます。

 

男性ホルモンについては、スポーツなどの勝負事をすることにより、分泌量が増えるとのデータもあります。
スポーツに始まって、ギャンブルやビジネスなど、リスクを取り、勝つか負けるかの勝負事をしている時は人間の生存本能が刺激され、ホルモンレベルが上がるのです。

 

また、ペニスの細胞の成長を促すには、下半身の筋肉と血流増大も大切な要因ですが、現在は昔に比べて正座をする機会が減ったことにより、下半身の血のめぐりが良くなり、ペニスが成長しやすい環境です。

 

「第二次性徴の時期の過ごし方もペニスの大きさに影響がある」
ペニスの大きさに影響を与えるのは、第二次性徴の時期の過ごし方とも言われています。
第二次性徴とは、生殖能力が芽生えることを指します。
子供の体から大人の体へと変化する期間のことで、思春期と同じ頃だと言われています。
第二次性徴は、男性の場合、早ければ9歳、遅くとも13歳の頃には始まります。
この頃に、十分な栄養を摂って、運動をし、のびのびと過ごすことが大きなペニスの基礎となるのです。

 

「ペニスの大きさに遺伝はどのくらい影響があるのか」
ペニスの大きさの基本的なスペックはDNAによって、だいたいどのくらいの大きさになるのか決められていると思います。
例えば、世界で一番ペニスの平均値が大きい国はコンゴの18センチです。
一方日本人の平均は11センチと言われています。
先祖代々日本人の家系から、突然18センチ級のペニスの持ち主が生まれてくるとは考えづらいです。
遺伝的要因から考えると、だいたい10〜15センチくらいの間で収まると考えるのが自然かと思われます。

 

「少しでもペニスを大きくするには?」
ペニスの大きさは「遺伝的要因 + 後天的要因」で決まります。

 

ゼファルリンを飲むのを止めると

 

自分のペニスが10センチになるのか、それとも15センチになるのか、それははっきりとは分かりません。
ただ、生活環境や栄養状態、第二次性徴の時期の過ごし方などが深く関わってくることは確実です。

 

自分の家系が短小だからといって、自分のペニスも一生短小のままとは限らないのです。
努力をすることで、ある程度ペニスは大きくすることができます。

 

次のページでは、そんな短小を克服する方法について説明したいと思います。